きのくに風景讃歌

日本風景街道熊野

わかやまイベントボード

プロフィール
風景讃歌スタッフ
風景讃歌スタッフ
和歌山にはいいとこがいっぱい!
こんないいとこあったんだ!とまだまだ知らないことがたくさんあるはず。
新たな発見をして、もっともっと和歌山を好きになりたい・・そしてあなたにも好きになってもらいたいそんな気持ちでスタートです。
和歌山の魅力ある風景について詳しくはこちら>>
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2011年05月17日

みかんの花のいい香り~!

5月になるとみかんの産地である有田地方は何とも言えない良い香りで包まれます。
昨日の帰り道、窓を開けて車を走っていると良い香りに誘われてふらふらとみかん畑のほうへ~。
みかん畑
みかんの花が~咲いている~face02
おなじみの歌をつい口ずさんでしまいます。でも私はこのフレーズ以外歌いません!なぜならその続きは自信がないから・・・。誰か教えてくださ~い。
みかんの花の香りは表現力の乏しい私には難しいですが香り高く、風にのってふんわりと包み込んでくれるような香りです。みかんの果実の甘酸っぱい香りはまったくしません!
香水や芳香剤になれば私個人としては絶対に購入して使用したいと思うほどです。
どこか売っていないかな~!自分で作れないかな~?なんて考えます。
ちなみにみかんの花は白く可愛いお花です。
みかんの花
今の季節は熊野古道(有田市~湯浅町区間)の糸我峠をウォーキングするとみかんの香りを楽しむことができます。
山道が苦手な人でもみかんの花が元気をつけてくれるかも?
私も山道は苦手なので糸我峠を歩くならこのみかんが花咲く時期のみ歩く気力がわいてくる?気がします。
糸我峠入り口
みかんの花も実も大好きなスタッフ(ず)でした。

同じカテゴリー(景観(自然・町並み))の記事画像
高原の雲海
だるま夕日
宴のあと
平草原の桜
アロエ公園
だるま夕日
同じカテゴリー(景観(自然・町並み))の記事
 高原の雲海 (2014-11-02 21:15)
 だるま夕日 (2014-10-24 21:45)
 宴のあと (2014-04-22 22:20)
 平草原の桜 (2014-04-04 21:17)
 アロエ公園 (2014-01-15 21:29)
 だるま夕日 (2014-01-05 21:56)

Posted by 風景讃歌スタッフ at 14:07│Comments(3)景観(自然・町並み)
この記事へのコメント
みかんの花が 咲いている
想い出の道 丘の道
はるかに見える 青い海
お船が遠く かすんでる

・・・こんな感じでしょうか。
著作権的に問題ありだったらごめんなさい。
Posted by とおりすがり at 2011年05月17日 16:40
ありがとうございます~!
そう言えばそのような歌詞だった!と思い出せました!
また今日もみかんの香りに誘われて歌ってみます。
Posted by スタッフ(ず) at 2011年05月19日 10:36
時計の誕生と発展の第1匹の時計の誕生私達の中国で西暦紀元130年後漢の時期の科学者、文学者の張衡(2度の手の天文を担当する太史令ことがある)の制定する“レプリカロレックス”、それは天体の運行状況を反映することができる以外、また1台の歯車を持つサイクルコンピュータをつけました。
この創造はすでに国内外の学者に公認されて世界で1番早くて機械的な時計になられました。我が国は現存する古代サイクルコンピュータと関係する実物の資料は現存東北博物館レプリカロレックスはと1054年山西が永遠にすべて前漢の初期の文化財なことを考証するを通じて(通って)救うと出土する歯車語りました。スイス《時計とアクセサリ》は1955年も範的照に順番に当たる水運計を掲載して板に似ていて、このような、機械的な時計の歴史がまたおすでしょう前に2百年余り。
Posted by レプリカロレックス at 2013年10月22日 18:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。