きのくに風景讃歌

日本風景街道熊野

わかやまイベントボード

プロフィール
風景讃歌スタッフ
風景讃歌スタッフ
和歌山にはいいとこがいっぱい!
こんないいとこあったんだ!とまだまだ知らないことがたくさんあるはず。
新たな発見をして、もっともっと和歌山を好きになりたい・・そしてあなたにも好きになってもらいたいそんな気持ちでスタートです。
和歌山の魅力ある風景について詳しくはこちら>>
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2014年09月08日

高野山へ

8/22、お盆も済んだ高野山へドライブに行ってきました。
和歌山市方面からは、国道24号大野交差点から九度山経由で上ったのは、もうずいぶん昔ですね。
近頃はもっと西の笠田駅前交差点からの西高野街道を上ります。
矢立茶屋のある、交差点で九度山から上ってきた道と合流し、そこからは九十九折の山道です。

高野山は、来年2015年に開創1200年を迎え、大法会が行われるのに合わせて?
かなりおおがかりに道路を整備しています。
現在は片道交互通行になっているところも多いので、通行には気をつけてください。

大門が見えてくると、右手に気温を表示する掲示板があります。
この日は24℃。下界はまだ30℃超えだったので、やっぱりひんやりします。

食事についてあまりリサーチせずに出かけたので、
とりあえず目指していたお蕎麦屋さんが、「不定休」にあたってしまったようで、
精進料理は食べたいものの、予約が要るだろうし、心当たりもなく、
以前来たことのある、つくもさんで釜めし定食をいただきました。

つくもの釜めし定食

鶏やじゃこなど種類があります。写真は山菜です。
松茸もありましたが、時価にビビります・・・。

ごま豆腐って、小さいころ、超ニガテだったのですが、
味覚が成長したのでしょうか? ねっとりとした食感でおいしいです!

いつも通るたびに気になっていた、すぐ向いにある南峰堂本舗さんに立ち寄ってみました。
南峰堂本舗

「大門之餅」も気になりましたが、やはり「酒まんじゅう」。
南峰堂本舗の酒まんじゅう

亀の甲の焼き印でしょうか?
おまんじゅう自体は、薯蕷まんじゅうのように、皮がホロホロとはがれるタイプです。
あんこは甘さ控えめのこしあん。
お店の中で頬張っている方もいらっしゃいました。

復元中の中門がかなりできていました。
足場もはずされ、姿が見えています。写真・・・撮ればよかった・・・。

まずは壇上伽藍へ。金堂を内拝し、根本大塔を内拝しようと・・・、
どちらも拝観料を自分で木箱に入れるシステム。
小銭をきらしてしまって、根本大塔は、覗き込むだけに・・・。
高野山へ行くときは、小銭を用意する!という教訓を得ました。

次は金剛峯寺へ。
高野山には何度か来ているのですが、こちらは初めてです。
こちらは受付で拝観料を払っての内拝です。

「ここはお寺? お城みたい!」と思うくらい、広くて豪華!
石庭「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」は、国内最大級とか!
石庭「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」

一つのお部屋で茶菓のお接待があり、くつろいでいるとプチ講話が始まりました。

「お山の神聖な空気をおなかまでたっぷり吸いこんで、ゆっくり吐いて~」との言葉に従って
深呼吸すると、体の中まできれいになったような気がします。

曇り空から大粒の雨が落ちてきました。
今年はこんな雨が多いですね。
しばらく山門で雨宿りして、小雨になったころ、駐車場まで走りました。

次は奥ノ院。
お墓がならんでいるのですが、怖いよりもおもしろい!
ロケットやらヤクルトやら福助やら・・・お墓ってなんでもアリ?

お墓を撮影するのは、はばかられ、御廟橋から先は撮影禁止なので、写真はなし・・・。

御廟の奥へも、今回初めてでした。
たくさんの燈籠に灯りがともり、幻想的かつ厳粛な雰囲気です。
最近はお線香の香りも心静まるいい香りに感じるようになってきました。

奥ノ院への参道を出たところにある、かさ國さんで和菓子とお茶のセットをいただいたのですが、
撮った写真を間違って削除してしまったようで・・・残念・・・。

さて、龍神温泉にでもつかってと・・・思っていたのですが、ちょっとゆっくりしすぎました。
来た道を戻って、笠田駅前交差点からすぐにある、「八風の湯」に立ち寄りました。

露天風呂や炭酸の湯もあり、湯上り処も広くて快適です。

帰ってきてから南海電鉄のフリーペーパー「NATTS」9月号が高野山特集なのを見つけました。これから行く方は参考にしてみてください。

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 11:56Comments(0)報告