きのくに風景讃歌

日本風景街道熊野

わかやまイベントボード

プロフィール
風景讃歌スタッフ
風景讃歌スタッフ
和歌山にはいいとこがいっぱい!
こんないいとこあったんだ!とまだまだ知らないことがたくさんあるはず。
新たな発見をして、もっともっと和歌山を好きになりたい・・そしてあなたにも好きになってもらいたいそんな気持ちでスタートです。
和歌山の魅力ある風景について詳しくはこちら>>
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2013年08月12日

今年も行ってきました!那智勝浦町花火大会!

今日も暑い一日でした。スタッフ(や)です。みなさま、お元気ですか?

さて、8/11、この日も暑い一日でしたが、那智勝浦町花火大会に行ってきました。
昨年初めて行ったときは、大雨の中、傘をさして立ち続けての見物でしたが、今年はいいお天気です。

昨年の記事は→こちら

お昼ご飯を軽く済ませて、13:30の出発です。お盆に近い日曜日で、今年も南ゆきの高速は朝から有田南~広川あたりが渋滞していました。午後には次第に回復し、海南ICから乗りましたがスムーズでした。

田辺バイパス沿線で飲み物を仕入れ、R311の古道歩きの里ちかつゆに立ち寄ってみかんソフトを食べ、かりんと饅頭を仕入れ、さてどこでお風呂に入る~?

R311からR168に入るあたりにある「わたらせ温泉」に16:00すぎごろ着きそうなので、そこにしました。前回来たのは、もう20年近く前のことです。今回いっしょに来た下の娘がそのときも来ているのですが、「覚えてない」とのことでした。

入浴券は自動販売機で買います。我が家はJAF会員なので¥700→¥500でした。ここは以前「西日本最大の露天風呂」がうたい文句だったけど、今はサイトでも書いてないから、どっかに抜かされちゃったのかな? とにかくおっきくて開放感たっぷりなところが好きです。でも20年近く経つと植木が育ったみたいで、前は向いの山がもっと見えたのになぁ~。開放感ちょっと減でした。

お食事処もあったのですが、ここでは食べず、ちょっと時間が押してきて、結局新宮市内の回転すし屋さんでてっとり早く済ませてしまったのでした。

会場の周辺事情は、マップを参照してください。那智勝浦新宮道路を下りて、お宿の看板が並ぶ三叉路を右へ、そのまままっすぐ進むと、もう那智湾沿いです。駐車場もたっぷり用意されていて誘導してくれます。昨年はP7でしたが、今回は目の前で満車になり、P4へ。19:00で日が暮れてうす暗くなってきていました。

昨年は雨が降っていたので、本部や夜店のある那智の浜のメイン部分には行かなかったのですが、今年は夜店のにぎわいも見てみたくて歩いて行ってみました。ビーチの端までは遠いように思いますが、歩いてみて苦になるほどではありません。

海水浴をしたら快適で楽しそうな砂浜へ降りるところが階段になっていて、みんなそこに腰かけています。私たちも本部に近いところに陣取りました。後半は駐車場からの脱出を早くするために駐車場に近い方に移動しましたが、花火の打ち上げ位置が湾の真ん中なので、この湾の周辺ならどこからでもほぼ同じ距離感で見えることがわかりました。周辺の宿がとれれば、お部屋からでも十分だと思います。

花火はなかなかうまく撮れないので1枚だけ。
那智勝浦町花火大会
形もいろいろですが、色もいろいろあるんですね。それにキラキラするやつ、とっても明るいやつ・・・。
どれもすばらしかったのですが、フィナーレの特大スターマインは、次々と上がって花束みたいに横にも広がって、とってもきれいでした。どの花火も一区切り終わると、拍手が起こります。

終了後、すぐに駐車場から車をだし、那智勝浦新宮道路~R168~R311~高速で12:20ごろ帰宅。今年も素敵な思い出ができました。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:02Comments(0)報告

2013年08月12日

初・えびね温泉

毎日暑いですね。スタッフ(や)です。なんとか生きてます。ふぅぅ。

暑いときには温泉に入ってさっぱり! ってわけでもないのですが、8/2、ちょっと癒されたくて南に向かってみました。

まずはお昼ご飯、お気に入り上富田「川よし」さんのうなぎ!
最近、うなぎの値段が高くなってなかなか食べられない・・・のかと思うと、コンビニや〇丼チェーン店でも食べられるようで、よくわからない・・・。

川よしさんも値上げしてるんだろうなぁ~と思いながら、メニューを見てみると、なんと! お値段据え置きでした。
私たちは一番安い「うな丼」¥900を。
やはり去年いただいたときより、うなぎが小さくなっていますが、それは仕方ないですよね。表面のカリカリ感と中のふっくら感、炭火の香りはそのままでした。

上富田から県道36号、37号経由で日置川のえびね温泉へ。
かなり細い道かと思っていましたが、一部センターラインのない区間があるものの、ほとんど片側1車線あるりっぱな道路でした。

八草の滝
途中、一度見たかった八草の滝が見えるところがあり、車を止めてみましたが、このあたりあまり雨が降っていないのでしょうか? 水量が少なく、「あれかなぁ」とようやくわかるくらいでした。写真のちょうど真ん中あたりです。
この滝「はそのたき」って読むんですね。ずっと「やそのたき」だと思ってました・・・。

さて、えびね温泉です。
えびね温泉
ここの写真、難しいです。足元は右下がり、建物の屋根は左下がり、むこうに見える橋は右下がり。「ゆ」ののれんの上の屋根だけが水平かな? たぬきさんが首をかしげたくなるのもわかります・・・。

えびね温泉の中
「ゆ」ののれんをくぐると、左側にエビネランの鉢植えが並ぶ通路があり、右手の受付でお金を払って、さらに奥へ行くと男湯、女湯です。浴槽は一つで、露天ではありませんが、川側がガラス張で、外の景色がよく見えます。
お湯はpH9.9でツルツルです。しかも、浴槽も水栓から出るお湯もすべてかけ流しだそう! シャンプーなど完備されているので、手ぶらで行けます。
小さいけれど食事ができるところと、休憩所があり、湯上りそこでくつろぎました。気が付くと窓があいていて、エアコンは使っていません。川からの風が心地よく、あったまった体を程よく冷ましてくれます。
帰り、受付で売っていた「温泉水使用 えびね温泉せんべい」を買いました。

白良浜
帰り道、白浜はえらい人だろうなぁ~とちょっと寄り道。夏休みまっただ中ですね。白良浜は海水浴客でにぎわっていました。車中からでブレブレですみません・・・。浜周辺の駐車場には「¥2000」との料金が出ててびっくり!!! トップシーズンですね!
フィッシャーマンズワーフ
牟婁の湯近くにできたフィシャーマンズワーフも車中からちら見。また落ち着いたころに来ます・・・。

このあとは、いつものように海鮮せんべい南紀でおせんべいの試食をしまくって、とれとれ市場でうつぼのおつまみと白いさんま寿司を買って帰りました。

かなり充電できました。まだまだ暑い夏、乗り越えましょう!



  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 10:48Comments(0)報告