きのくに風景讃歌

日本風景街道熊野

わかやまイベントボード

プロフィール
風景讃歌スタッフ
風景讃歌スタッフ
和歌山にはいいとこがいっぱい!
こんないいとこあったんだ!とまだまだ知らないことがたくさんあるはず。
新たな発見をして、もっともっと和歌山を好きになりたい・・そしてあなたにも好きになってもらいたいそんな気持ちでスタートです。
和歌山の魅力ある風景について詳しくはこちら>>
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2012年07月29日

田辺祭

スタッフ(や)さんが、田辺祭宵宮「会津川曳き揃え」に、いらしたとの記事が!

地元のスタッフ(の)にとって、スゴク嬉しいことです face02

祭り一色に染まった 田辺の様子を、私からも少しご紹介


ik_18 田辺観光ボランティアガイドの会」主催 お宿巡り



笠鉾や流鏑馬のお宿と、闘けい神社含め 12箇所 スタンプラリーをしながら回ります。


ik_18 街中で「流鏑馬」や「笠鉾」に、ヒョイと遭遇します



ik_18 鳥居前の勤め



      

10倍楽しんだ、「田辺祭」

動画をユーチューブにアップしていますので、よろしかったらご覧下さい ik_20

お宿巡り

住矢の走り

鳥居前の勤め

篝火でお出迎え

会津橋曳き揃え

別れの儀式


神前勤め 江川(大黒)

流鏑馬

宮入

別れの掛け合い パート①

別れの掛け合い パート ②  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 19:34Comments(2)

2012年07月27日

田辺祭に行ってきました

毎日暑いです。もういいです。早く秋になってほしいです。スタッフ(や)です。

各地で夏祭りや花火大会が開催されています。
7/24・25は田辺祭が開催されました。
田辺祭ってどんなお祭り?という方は、こちら>>>私の説明なんかよりはるかによくわかります。

私からは、初めての田辺祭報告を。

田辺祭は、7/24の朝から7/25の夜までいろんなみどころ満載でやってるお祭りなのですが、
今年は火曜と水曜の開催。私が一番見てみたいのは、
7/24 21:30ごろに旧会津橋上に笠鉾が8台、曳き揃えられるところ。

仕事を終えて、ちゃちゃっと夕食を済ませ、和歌山市の自宅を出発したのは18:40。
海南ICから高速に乗って、田辺市の扇ヶ浜駐車場に到着したのは20:10ごろ。
駐車場までの途中、JR田辺駅前~闘けい神社あたりは、たくさんの人がでていて、
縁日で買った綿あめやヨーヨーを持っている人もいました。

この駐車場、最初の1時間は無料で、あと1時間ごとに100円という、
市営にしては格安で、400台収容というすばらしい駐車場です。
なんでかというと、扇ヶ浜海水浴場のすぐ前なんですね。
夏休みだし、昼間はすごい人なんでしょう。
今日はお祭りだし、この駐車場が満車だったらどうしよう、
お祭りが終わってこの駐車場から出るのに何時間かかるんかなぁ、
と心配していたのですが、遠くから来る人は少ないのか、ガラガラでした。

さらに、曳き揃えを見るために旧会津橋の向かいにある新会津橋は人がいっぱい、
との情報を得ていたので、曳き揃えまで約1時間、場所取りしないと!と、橋に直行!

・・・が? 橋へ向かって歩いているのは私たちぐらいなもん。
橋の上にもまだ誰もいません・・・???
安心というか、拍子抜けして、どこから見るか、ウロウロ・・・。
二つの橋の間の土手が、観覧席のように階段になっていて、ちょうちんも飾られています。
暗がりに目をこらすと、何人かが座っています。
仮設トイレもあります。

旧会津橋の川上側左岸の土手に座る場所を決めて待ちます。
笠鉾が到着するまで、放送でお祭りの解説をしてくれています。
そうこうしているうちに、あちこちから見物客が集まってきました。

笠鉾来た!

21:20ごろ、なんだか騒がしくなって、1台目の笠鉾がやってきました。
お囃子の人たちや、子どもたちが乗っています。暑そう・・・。
次々とやってきて、8台の笠鉾が揃いました。
笠鉾曳き揃え

ここで20分、お囃子を楽しませてくれます。
旧会津橋の街灯が消されます。
見ていてとてもきれいなのですが、フツーのカメラにフツーの腕では、
実物そのものにさえ写ってくれません。

見物席はこんな感じ。
見物席

向かいの新会津橋の上もいつの間にか満員状態です。
新会津橋

曳き揃えが終わり、笠鉾はそれぞれの町に帰っていきます。
新会津橋をわたった東詰で、前輪を上げて後輪を軸に1回転するのを見せてくれています。
上に乗った子どもたちに「つかまっとけよ~」と声をかけていました。
1回転

祭りは翌日も続きます。
450年の伝統を守るのは本当にたいへんだと思います。
でも、そんなお祭りを持っていることを田辺の人たちはみんな誇りに思っているんだろうなぁ・・・と思いつつ、
田辺をあとにしました。
次回は、闘けい神社周辺や昼間のみどころもまわってみたいと思います。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:53Comments(0)報告

2012年07月21日

田辺市花いっぱいコンクール

田辺市花いっぱいコンクール    開催中 ik_20

場 所 : 紀南文化会館展示ホール

日 時 : 7月21日(土)  Am 10:00 ~ Pm 5:00

     7月22日(日)  Am 10:00 ~ Pm 4:00

     主 催 : NPO花つぼみ




【家庭の部】 【職場・地域の部】 【学校の部】

どの作品も、花が大好きな思いに、満ちあふれています  icon06




ホッと一息 ik_20     喫茶コーナーで『花談義』など  (無料)





みなさん! お花のスポット探訪に、是非どうぞ ik_83  (スタッフの) 
  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 20:19Comments(0)イベント案内

2012年07月20日

九度山初訪問記

暑くなってきましたね。夏はニガテなスタッフ(や)です。

7/16、伊都郡九度山町を初めて訪問しました。これまでも高野山に上るのに、通過は何度もしていたのですが、立ち寄ったのは初めてなのです。

まずは腹ごしらえ(いきなり!?)。真田庵のお隣にある、幸村庵でおそばをいただきます。
幸村庵のおそば
「九度山でなんでおそば?」と私も思ったのですが、なんでもこの地に閑居した真田幸村が信州の生まれというのが縁とか・・・。いや、歴史にうとい私なんかより、皆様の方が詳しいかと・・・。

続いてお隣の真田庵へ。真田幸村といえば六文銭の家紋が、山門や瓦に見つかります。もう一つの紋「結び雁金」のある瓦もありますので、探してみてください。
六文銭のある山門

さて、九度山の町をぶらり。この日は暑かったので、すぐにまちなか休憩所で休憩。春の真田まつりのときに家々に飾られる吊り人形が展示されていました。
吊り人形
かわいい!

ふと見上げた街灯は、このあたりの特産物、柿の形でした。
柿の街灯
夜、明かりがともったところも見てみたいです。

すでに暑くて歩くのが辛くなってきたので、慈尊院へ移動。
昔高野山が女人禁制だったころ、女性のお参りはここまでだったそうで、弘法大師のお母さんもお祀りされています。
映画「紀ノ川」に出てきた場所を目の前にして、ちょっと感動! 安産祈願にお供えする、乳房をかたどった絵馬がたくさん奉納されています。
乳房型絵馬
これは、乳がん平癒、乳がん撲滅を祈願して奉納された超ビッグな絵馬です。

高野山が2015年に開山1200年を迎えるのに関連して、このお寺でも多宝塔が修復されたり、準備が着々と進められています。

境内から急な石段を上った先は丹生官省符神社です。この石段の途中に、高野山町石道の起点、180町石があります。
180町石
先日、高野七口ウォークでは120町石~高野山壇上伽藍までを歩きましたが、その出発点です。
いつかまた180町石~120町石を歩いて、全ルート踏破としたいものです。

帰り道、高野口のよってってでは、桃のいい香りにさそわれて、1箱買いました。
その後、思い出して桃山町の桃園の桃ソフトを食しに立ち寄りました。
桃ソフト

自宅に持ち帰った桃もいい香りがしてきて、食べごろのようです。
和歌山の歴史的、味覚的なすばらしさを堪能した一日でした。

  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 12:28Comments(0)

2012年07月09日

大賀ハス

上富田町岡「大賀ハス田」
                                         【7/9 撮影】



チラホラ、優雅な花を咲かせ始めました!



【大賀ハスまつり】

平成24年7月10日(火)~平成24年7月30日(月)まで
・俳句
・写真
の募集をしています



詳しくは、下記、上富田町のHPをご覧下さい


上富田町HP 大賀ハスまつり


お隣の「ひょうたん畑」で、ひょうたんもふくらみ始めました ik_20





長~い「ひょうたん」になります

こちらも、お見逃しなく・・・・                スタッフ(の)  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 21:00Comments(0)景観(自然・町並み)