きのくに風景讃歌

日本風景街道熊野

わかやまイベントボード

プロフィール
風景讃歌スタッフ
風景讃歌スタッフ
和歌山にはいいとこがいっぱい!
こんないいとこあったんだ!とまだまだ知らないことがたくさんあるはず。
新たな発見をして、もっともっと和歌山を好きになりたい・・そしてあなたにも好きになってもらいたいそんな気持ちでスタートです。
和歌山の魅力ある風景について詳しくはこちら>>
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2011年06月30日

福定の「アジサイ」

田辺市中辺路町福定・・・大銀杏が見えるポイント付近の、ガードレールの下から
「アジサイ」の花が見え隠れしています。

谷に降りると、ビックリするような「アジサイ畑」が ik_20ik_20

                                    【6/24 撮影】



地元の男性が、一人で作られたコツコツ植えられた「アジサイ」が、
6年目の今、2,000本に ik_20







ここ数日、雨が降らないので
「アジサイ」も、少しお疲れかも知れません・・・

今年見逃された方は、来年是非どうぞ・・・・・

秋 ・・・・ 「大銀杏」
春 ・・・・ 「桜」
初夏 ・・・「アジサイ」

福定は、楽しみがいっぱいです!! (の)

「福定のアジサイ2011」
  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:19Comments(2)景観(自然・町並み)

2011年06月27日

海岸清掃に参加してきました。

もう梅雨明けたんちゃうん? と思えるような晴天が続いています。
ごぶさたしております、スタッフ(や)です。

6/26、加太海岸で開催された「リフレッシュ瀬戸内 海岸清掃活動」に参加してきました。
リフレッシュ瀬戸内海岸清掃活動
ゴミ袋、軍手、火ばさみを受け取り、海水浴場北側の海岸に向けて散らばっていきます。
人が進んだあとを拾って行っているせいか、大きなゴミは見当たりませんでしたが、

食品トレーのかけら
発砲スチロールのかけら
ペットボトルのキャップ
たばこのフィルター・・・

土に戻っていきそうにないものをいっぱい拾いました。

戻ってくる人の手には、燃料のタンクのような大物もありました。

暑い日だったので、海水浴場で泳いでいる人もいました。
これからシーズンインなので、ここを訪れる人も多くなるでしょう。
その人たちが気持ちよく、またその後の人も気持ちよく、海を楽しめるようにしたいですね。

参加されたみなさん、お疲れさまでした!  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 22:39Comments(0)報告

2011年06月26日

みどころ巡回ルートの探索

日本のスーパーコンピュータ「京」が目出度く世界一になったことで、話題になっていますが、
ここで、面白いお話をひとつ。

湯浅のマップのみどころの内、仮に30箇所選び出して、湯浅駅を起点に、その30箇所を一筆書きに回るとします。
この場合30箇所を巡る最短コースを見つけるのに、スーパーコンピューターでどの程度の時間がかかるのか?という問題です。
ちょっと考えると、即座に計算出来てしまいそうに思いますが、これがなかなかなのです。

仮にA,B,C とみどころに名前をつけるとして、A→B→C→ 、A→C→D→、という具合に色々なルートを探すと
そのルートの数は30!÷2通り となります。!は階乗を表しています。 
30!÷2 ≒1.33×10の32乗 と途方もない数字になります。

ここで、1秒間に1京(10の16乗)ルートの計算が可能なスーパーコンピュータがあったと仮定します。
計算時間は1.33×10の16乗秒を要することになります。
これではピンと来ませんが、1年は365日として、3.15×10の7乗秒ですから、
連続計算で、実に0.4×10の9乗年→ 4億年を要することになります。

ところが人間がマップを見れば、最短コースとはいかなくても、初めからとんでもないコースは
選びません。コンピュータにただ、馬鹿正直に計算をさせると上記のような結果になってしまいます。
実際にこうした問題を解くには、適切な近似解法を 求める手法を導入することが必要になります。

参考サイト http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/software/tsp.html

スタッフ(て)

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:29Comments(0)

2011年06月23日

章魚頭姿山(高津子山)に下見行ってきました~!

お宝発見ウォークチラシ昨日、7月3日(日)に開催されるお宝発見ウォークの下見に、とてもありがたいことに和歌の浦 みちしるべの会の方に案内して頂き、スタッフ(て)さんと一緒に和歌浦の章魚頭姿山に行ってきましたik_20
お宝発見ウォークについて詳しくは左の画像をクリックしてみてくださいicon12
昨日は本当に猛暑で暑かったicon10
天満宮の階段をみた瞬間にもう無理だ…となりましたよface07
天満宮
こんな階段ぐらい!って思う方がいらっしゃるかもしれませんが私の体重はえらいこっちゃなのでそこんとこよろしくです。
天満宮を登り切った時、心臓はバクバクの息はぜ~ぜ~汗はだらだら…icon11
もうあかんと思いましたが天満宮にお参りして階段の下を眺めると景色が息をのむほど綺麗だし風は気持ちいいしでちょっと復活icon12
天満宮からの景色
でも章魚頭姿山頂へこれから行くのだった!!
必死で後を追いかけましたよ。
でも思ったより道はなだらかで急な坂道があるわけではなく何とか(めちゃくちゃ必死です)ついていけました。
先に天満宮にいっきに登っているためでしょうねface01
森林浴を体感でき木々に守られ涼しくも感じました。
とはいえ私は必死に歩いているため汗だくの醜態をさらしていましたがik_84
章魚頭姿山道
手が震えているのか息が上がってるのか写真を撮ろうにもぶれてしまうicon15
写真はあきらめよう。
スタッフ(て)さんがいるから大丈夫だなんて言ったら怒られそうだから頑張ったけどどうだろう?
山頂に着いたらウグイスが近くで鳴き気持ち良いことこの上なしik_20
いい鳴き声だ~icon12
展望台からの景色は最高!!
章魚頭姿山頂
地球は丸かった!!
こんなきれいな景色があったなんて!!
ここはみないと損な景色です。説明できないので行ったことのある方にはこの気持ちがわかると思いますし、行ったことがない方はぜひ章魚頭姿山展望台に来てみてください!!
ちょうど、7月3日にお宝発見ウォークでこの展望台までウォークしますから!!(何回もしつこい?)
山頂をあとにし、いろいろ見ながら帰りました。
それは文が長くなったため省略。
お宝発見ウォークで体験してください。
いや~本当に満足でした。
これだけ歩き汗を流し、心臓バクバクしたのだから体重は3㌔は減ってるよ(言い過ぎ?)と言ってくれたので期待して、3㌔は無理でも何グラムかはと期待を込めてアイスを食べたいのも我慢しました。
でも後で体重を測ったら何故か増えていたik_85どういうことでしょうか?がっかり~を通り越して何とも言えません。
それにしても和歌浦は見どころがいっぱい!!
ぜひお宝発見ウォークに参加もしくは和歌浦散策をしてみてください!!
これからどんどん暑くなりますので熱中症等にはお気をつけてください。

スタッフ(ず)

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 10:15Comments(2)景観(自然・町並み)

2011年06月21日

6月25日(土)は景観まちづくり講座が開催されます!

朝まで続いた雷雨はなんだったのかと思わせるほどの晴れ空?また曇ってきた?が和歌山市では広がっています。
朝の出勤時は雷雨がとどろき、今日は寒いだろうと思いこんだ私は、最近は半袖だったのを七分袖の服をもう一度出してきて着たのですがそれがいまや暑くて暑くて仕方がありません。
失敗しました…。
さてそんなことはさておき、今週の土曜日(6/25)は景観まちづくり講座が和歌浦の和歌山県公館で開催されます!
講座案内
「万葉の昔より多くの歌人によってその風景の美しさが詠われてきた「和歌の浦」。近世から脈々と今に伝えられてきた他には例を見ない民衆参加の大祭「和歌祭」。優れた風景とそこに住まう人々が一体となって作り出してきた和歌の浦の景観。国の名勝指定を機に、様々な活動を通して、これからのまちづくりを考える講座ですicon14
講演は和歌山大学教育学部教授の米田 頼司氏による民衆の「和歌の浦」ですik_20
詳しくはこちら(きのくに風景讃歌)
または、左の写真をクリックしていただくと案内チラシが開きます。
ぜひ皆様ご参加ください。

スタッフ(ず)  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 08:25Comments(0)講座案内

2011年06月20日

シイノトモシビタケの季節です

今年の梅雨はしつこい長雨が続きますけど、珍しい光るキノコ、シイノトモシビタケにとっては最高のお天気です。海岸に近い森のスダジイの朽ち木に生えるシイノトモシビタケは、昼間見ると小さいブナシメジのような地味な姿をしていますが、暗闇では緑色の妖しい光を放ち、「森の妖精」などと呼ばれます。八丈島で最初に見つかり、その後本州で初めて、すさみ町で発見されて、今では熊野地方の海岸部で多く見つかっています。でも、晴天が三日も続くとたちまち消えてしまう、はかない存在なのです。(じ)  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 10:28Comments(0)景観(自然・町並み)

2011年06月17日

萬谷邸のアジサイ

和歌山市砂山の「萬谷邸」

お庭を埋め尽くす、100種類200鉢以上の「アジサイ」!! 


見事です! 豪華です!!!


先日、NHKのテレビでご紹介されたそうで、次々見物人客が訪れます




アジサイの色が鮮やかな秘密は、プランターに植えていること!
地植えにすると、1~2年後、土のPHで色が変化してしまうそうです!

和歌山市内の皆さま、お近くの皆さま
オープンガーデンになっていますので、是非一度、お訪ね下さい!
アジサイのイメージが変わります ik_20

ユーチューブにアップしています   (の)
http://www.youtube.com/watch?v=zLjrXdiVouU



  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 01:41Comments(0)景観(自然・町並み)

2011年06月16日

岡公園の市電

「きのくに風景讃歌」の「和歌山市中心市街地」エリアの基本ポイント「和歌山城」の周辺ポイントに
「岡公園のSLと市電」をアップしています。ご覧ください。

http://www.kinokuni-sanka.jp/modules/landscape/index.php?lid=876

私は市電(チンチン電車)には思い出が沢山あります。
子供の頃、宇治の電車通りに住んでいましたので、5月の商工まつりの時には、
美しく飾り付けされた花電車を見るのが楽しみでした。
特に夜になると色とりどりに電飾されて走ってくるのを、まだかまだかと、
2階の窓から眺めていたことは忘れられません。 まだTVも普及し始めた頃の話です。
さて、321型と322型が廃止の直後保管されていたのですが、
321号は岡公園に展示されています。
(交通公園にあるチンチン電車は阪堺線を走っていた車両です)

1. 市電撮影方法1


2. 市電撮影方法2


さて、この2枚の写真の違いがお分かりでしょうか?
撮影の仕方に違いがあります。
撮影方法1の方は、普通に下から見上げて撮影したものです。
  カメラを上に向けて撮影すると、上にあるものほど小さく、上すぼまりの写真になります。
  これを防ぐには、被写体とまっすぐに向き合う(カメラを真っ直ぐに持つ)ことが必要です。
  ところが、この方法では、電車の上まで写りません。
撮影方法2の写真は、この問題をクリアするために、脚立を用意して、その上から撮影したものです。
  カメラ目線の位置が、電車の中央付近にあります。 こうすると自然な感じで撮影できます。
  取材でも、被写体に応じて道具立ても含めて用意しなくてはなりません。

さて、もう一台の322号が海南にまだ残っているのかどうか、調査して来ました。
結果は、まだありました。(一安心)
JR黒江の駅近くの室山地区の中に公園があり、その中に集会場の隣に保管されています。
当初より、集会場として活用されてきたようです。
取材当日も、皆さん揃って清掃中でした。地元の方に大切にされて電車も幸せそうでした。

 



隣の建物は、室山地区集会場
スタッフ(て)
  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 10:14Comments(0)提案・発見

2011年06月10日

ホタルの季節ですね!

ホタルの季節ですね~!
広川町の広川ダム付近にホタルを見に行ってきました!
蛍アップ
津木中学校の生徒さん達のゲンジボタルの飼育・保全活動の賜物といわんばかりに年々ホタルの数が増え、川のせせらぎとともに幻想的な景色が楽しめますicon12
ホタル
写真はデジカメで撮っているためホタル乱舞の美しさは全く伝えられなくて申し訳ないicon15
一眼レフのカメラが欲しいなと思う今日この頃。
カメラ撮影はあきらめて木々・川・空と視界全体にたくさんのホタルが光を発している姿を目に焼き付けようと歩いているとなんの偶然か蛍にぶつかり服の中に入ってしまいましたik_20
いや~かなりびっくりface08
ホタルはもっとびっくりでしょうかik_19
こんなことってあるのですねik_20
ホタルもここはどこだって必死だし私もくすぐったくって必至だしでえらいこっちゃでしたik_40
何とか救出ik_20
ホタル1
人騒がせ(ホタル騒がせ?)なホタルさんでしたface02
和歌山の各地でホタルが今乱舞しています。
みなさまぜひ足を運んでみてはどうでしょうか?
綺麗~icon12ってぽかんと口をあけてみてしまうこと間違いなしik_20ik_19ですよ!!
ハプニングもあるかもik_20
ホタル鑑賞icon12
お勧めです!
写真でお伝えできなくて残念ですがスタッフ(て)さんの写真テクニックに期待して私の写真はこんなもので勘弁してください。

スタッフ(ず)
  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 01:08Comments(0)景観(自然・町並み)

2011年06月09日

ハッピーメイカー in 高野山2011

今回で3回目となるハッピーメイカーが7月初旬に開催されます。
以下、主催者説明です。


「Happy maker(ハッピーメイカー)は、様々なジャンルの作家による作品展及び会期中に行われるイベントを通じて、地域に内在する価値や魅力、それぞれの“Happy”のかたちを感じてもらう「複合型アートプロジェクト」です。
アート作品の展示やイベントを通じて、“一つでも多くの笑顔が生まれるために”地域、世代、ジャンルを超えた人と人、人と地域の交流の機会を創り出していきます。」



一昨年開催された際にも多くの参加者と見学者で賑わいました。
女性の参加者が多く、高野山の新たな魅力を引き出してくれるイベントになれるよう頑張ってほしいです。

現在、ボランティアスタッフなども募集中です。

初夏の冷涼な高野山でアートの鑑賞と展示場となる寺院の拝観など楽しんで見てはいかがですか? スタッフ(に)

詳しくはhttp://happymaker-koyasan.info/

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 10:56Comments(0)イベント案内

2011年06月07日

お宝発見ウォーク

6/5(日)第一回 お宝発見ウォーク 古座川河口周辺 に参加しました ik_20



意外と、雨の中のウォークも楽しい icon03 


川から霧が立ち上る光景は、幻想的です


「センダン」の並木は、昔、船を繋いだ名残り・・・・・


5時間弱・・・約16,000歩
18もの魅力的なポイント巡りのツアー
翌日、筋肉痛にならなかったのは、
語り部さんの、丁寧な説明を受けながら歩いたおかげでしょうね! (の)


当日の様子をユーチューブでご覧下さい ik_20
お宝発見ウォーク 古座川河口周辺

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:56Comments(0)報告

2011年06月02日

気になる平家伝来長寿夫婦杉

天気が悪い日が続いたためブログにのせれる写真がないな~なんて思いながら以前にとっていた写真を見るとすごく気になる写真がありました。
田辺市中辺路町近露にある「古道歩きの里ちかつゆ」の駐車場からみえる杉の木。
平家伝来夫婦杉
立派な木が2本ik_20
一直線に古道歩きの里ちかつゆに入っていくと気が付かないと思います。
看板には平家伝来長寿夫婦杉 樹齢推定400年以上と書かれています。
平家伝来長寿夫婦杉看板
う~ん
平家が滅亡したのは確か1185年だったような~。
400年だと何か腑に落ちない…。
平家の生き残りの人の縁の杉の木でしょうか?
説明版を探してもありませんface10
写真の左側の杉の木には「彦一公」そして右側の木には「志づゑ御前」と木の札がつけられていました。
この杉の木には名前があり夫婦なのだなというのはわかりましたが、この名前の主は誰ik_20ik_19
いったいどういう経緯があったのかもさっぱりわかりません!
気になる~気になる~ik_20
このままだと私の中で胡散臭い木として処理されてしまいそうですik_85
誰か由来をご存知でしたら教えてくださいface06
よろしくお願いいたします。
中辺路に行く際にはぜひこの木をみつけてくださいね!

スタッフ(ず)  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 14:55Comments(2)その他