きのくに風景讃歌

日本風景街道熊野

わかやまイベントボード

プロフィール
風景讃歌スタッフ
風景讃歌スタッフ
和歌山にはいいとこがいっぱい!
こんないいとこあったんだ!とまだまだ知らないことがたくさんあるはず。
新たな発見をして、もっともっと和歌山を好きになりたい・・そしてあなたにも好きになってもらいたいそんな気持ちでスタートです。
和歌山の魅力ある風景について詳しくはこちら>>
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2011年04月30日

緑の小人?

R311 西牟婁郡上富田町 生馬交差点


【生馬さくら会】の皆さんが、お世話されている花壇です!



町のマークをかたどった「ツゲの木」 
自分たちで作って、剪定も自分たちで(女性のグループです!)



模様を描くのは、長い棒一本!
「道を通る人は、あの人棒振り回して何してるんやろ?と、思ったん違うかな?」
と、会代表の福田さん

ぐるっと半円を書いて、主になる花を植え、
後は長年培ってきた経験と勘でバランスをとって植えるそうです。

ビックリ ik_19
緑の小人?
    

アジサイのように大きな、「オオデマリ」もあります!    (の)

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:02Comments(0)まちづくり

2011年04月27日

白浜町平草原の 「ヒラドツツジ」

昨日、平草原の「ヒラドツツジ」を見に行ったのですが・・・・・

                                                【4/26 撮影】

まだ、ちょっと早かった・・・・・
というより、後、何日で満開!という状態じゃないような気がします。


蕾がほとんど見えない face08


大丈夫かな ik_19


駐車場の斜面は、蕾がいっぱいなんだけど・・・・     (の)

                         

Posted by 風景讃歌スタッフ at 20:42Comments(0)景観(自然・町並み)

2011年04月27日

鯉のぼりの下をお散歩!

有田川河川敷にある、ふるさとの川総合公園で鯉のぼりが立ち並び圧巻です!
もうすぐ端午の節句。
端午の節句といえば鯉のぼり!
鯉のぼり
国道42号線を有田川沿いに南下していると突如河川敷に立ち並ぶ鯉のぼりに目を奪われます。
鯉のぼりの下は遊歩道になっているため歩くことができ、気持ちよく泳ぐ鯉のぼりをみながら散歩するのは何ともいえません。
大きい鯉のぼりの下を歩いているとたまに尻尾に顔を突っ込んでしまうこともあり何とも楽しいです。
ずら~っと立ち並ぶ鯉のぼり。
どこまで続くのかな~とワクワクしますよ!
また、茜色に染まる夕焼けの中泳ぐ鯉のぼりもお勧めです。
夕焼けと鯉のぼり
スタッフ(ず)  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 08:55Comments(0)提案・発見

2011年04月25日

田辺市 古尾花壇

古尾花壇は、会津川から稲成川にさかのぼった土手沿いに作られています。
【古尾花の会】の皆さんが、お世話されている花壇です。



芝桜 満開 
毎年、挿し芽で増やしています!


随分エリアが広がってきましたね


カーブを曲がると、景色が一変します!




「花菱草」 花盛り   
こぼれ種で生えてきたものを、大事に育てて、ここまで大きくしました。

花菱草は、赤ちゃんの時から、しっかり花菱草の顔をしているので、
草を引く時分かり易く、そーっと残しておきます。

それにしても、大活躍していますね ik_20 .  (の)  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:49Comments(0)まちづくり

2011年04月22日

和歌山城の石階段を登る小人さん

和歌山城に行った際に某テレビ番組で珍○景として登録された和歌山城の小人さんをみてきました!
実は私は小人さんの存在を全く知らず、スタッフ(や)さんに連れて行ってもらいました。
私のように知らない人も多いのではないでしょうか?
見たら笑わずにはいられません。
和歌山城の小人
わかりますか?
石の階段から木が生えているだけじゃないか!とも思える写真ですがよくよくみると~
なんと!!
小人さんがヨイショ!と階段をよじ登ろうとしています!
アップにすると
和歌山城の小人アップ
ちょっとへっぴり腰?
でもすごい!!
感動と不可思議さと面白さといういろんな気持ちが渦巻きましたik_20
ぜひ見てほしい!
天守閣に登る裏坂の登閣口の右手にあります。
いやはや面白い!
角度を変えて見てみるとただの木の根っこなのに~。
木の根っこが成長したりするといつか小人さんは見れなくなるのでしょうか。
とても可愛らしい小人さん、皆様もぜひ見に行ってください。
スタッフ(ず)  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 09:40Comments(0)提案・発見

2011年04月20日

年男もびっくり

先日根来寺へ桜の花を撮影にいった折に、大塔の撮影を終えて参道を降りてくる途中、
ふと右手を見てびっくり !!!
何と、うさぎが地蔵さんと一緒に並んでいるではないか!
そのリアル感と大きさが、見るものを圧倒する。
毎年干支が交代で登場しているのかどうか知らないが、年男の私も
身を引いてしまった。


  



Posted by 風景讃歌スタッフ at 13:08Comments(0)提案・発見

2011年04月18日

高野山 春の大法会

ようやく春らしい暖かさを感じる日もある高野山で春の大法会が開催されます。

4月22日(旧歴3月20日)夜は御逮夜(おたいや)と呼ばれ、空海が入定された前日を
供養する法会が行われ、年に一度御影堂の内拝が出来ます。
壇上伽藍は花と灯明で神秘的な雰囲気になります。

また、翌23日は旧正御影供(きゅうしょうみえく)となり午前は奥之院、午後は御影堂にて
法要が執り行われます。

詳しくは高野山金剛峯寺HP 
http://www.koyasan.or.jp/news/kyushomieku.html

例年、夜は少し寒いので暖かい服装にてお越しください。 (に)



  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 11:08Comments(0)イベント案内

2011年04月14日

ゆあさ行灯アート展2011!

ゆあさ行灯アート展2011が開催されています!
開催期間は4月13日~4月17日の18:30~21:00です。
早速初日に行灯を見に行ってきました!
湯浅行灯アート展
昔の風情が残っている湯浅町重要伝統的建造物群保存地区で、様々な行灯の優しい光が出迎えてくれます。
変わり種の行灯もあり思わずにんまりしてしまうことも。
ちなみに私は、写真左下にある青色に光る行灯の中をくるくる船が回るのが気になりました。
じっくり覗いてみようとしたとき皮肉にも21時のチャイムが…。
ちなみに湯浅町の21時のチャイムは「ふるさと」
慌てて退散!もっとじっくりみたかった~!
どういう仕組みかわかった方はおしえてくださーい!
幻想的な行灯の光、お勧めです。
スタッフ(ず)
行灯アート展

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 16:06Comments(0)イベント案内

2011年04月14日

チューリップ

♪ 咲いた~ 咲いた~ チューリップの花が




『田辺新庄総合公園』 のチューリップ・・・次々咲いてきています ik_20





可愛いピンクの側で、白い花が開き始めました




ノースポールに埋もれている「赤いチューリップ」は、もう少しで上に延びてきます




今が、最高潮・・・・頑張っている姿を見に来てくださいね!! (の)


  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:22Comments(1)

2011年04月13日

大池遊園で和歌山電鉄の写真を撮影しました。

「イチゴ」に「おもちゃ」に「たま」と言えば和歌山電鉄の車両ですが、
今や鉄道マニアだけではなくて、だれでもカメラを向ける大変な人気車両ですね。
撮影ポイントは色々ありますが、昔から人気のポイントは大池遊園の鉄橋です。
桜の咲く時期は大勢のカメラマンが、三脚を立てて望遠レンズの砲列が並びます。
私は、イチゴ電車とおもちゃ電車を撮影してみました。 






湖面が静かで、電車がよく映っているのが気に入っています。
おもちゃ電車の方は、大池遊園の桜とボートをメインにして、背景に赤い電車をさりげなく入れてみました。
使用カメラはソニーα100 レンズは広角のAF17-35mm
手持ち撮影です。

きのくに風景賛歌のサイトにもアップしていますので、ご覧下さい。
http://www.kinokuni-sanka.jp/modules/landscape/index.php?lid=214
スタッフ(て)でした。  



Posted by 風景讃歌スタッフ at 11:22Comments(0)その他

2011年04月08日

たま駅長の足跡がJR和歌山駅構内に出現

本日JR和歌山駅の東口の改札を入り、何気なく足もとを見ると、
何とたま駅長の足跡を発見!!!
足跡をたどると、どうやら貴志川線の出ている9番乗り場の階段の方へ
続いている模様。
階段の壁には、沢山のたま駅長のイラストが額装されて掛かっている。


一方、足跡は地下道を抜けて1番線のホームまで延々と続くよ、どこまでも~


ふむふむ、中央改札口の左手に和歌山電鐵の紹介コーナーがあって、
ここから足跡が続いていたようだ。



スタッフ(て)でした。  



Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:13Comments(6)提案・発見