きのくに風景讃歌

日本風景街道熊野

わかやまイベントボード

プロフィール
風景讃歌スタッフ
風景讃歌スタッフ
和歌山にはいいとこがいっぱい!
こんないいとこあったんだ!とまだまだ知らないことがたくさんあるはず。
新たな発見をして、もっともっと和歌山を好きになりたい・・そしてあなたにも好きになってもらいたいそんな気持ちでスタートです。
和歌山の魅力ある風景について詳しくはこちら>>
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2014年09月08日

高野山へ

8/22、お盆も済んだ高野山へドライブに行ってきました。
和歌山市方面からは、国道24号大野交差点から九度山経由で上ったのは、もうずいぶん昔ですね。
近頃はもっと西の笠田駅前交差点からの西高野街道を上ります。
矢立茶屋のある、交差点で九度山から上ってきた道と合流し、そこからは九十九折の山道です。

高野山は、来年2015年に開創1200年を迎え、大法会が行われるのに合わせて?
かなりおおがかりに道路を整備しています。
現在は片道交互通行になっているところも多いので、通行には気をつけてください。

大門が見えてくると、右手に気温を表示する掲示板があります。
この日は24℃。下界はまだ30℃超えだったので、やっぱりひんやりします。

食事についてあまりリサーチせずに出かけたので、
とりあえず目指していたお蕎麦屋さんが、「不定休」にあたってしまったようで、
精進料理は食べたいものの、予約が要るだろうし、心当たりもなく、
以前来たことのある、つくもさんで釜めし定食をいただきました。

つくもの釜めし定食

鶏やじゃこなど種類があります。写真は山菜です。
松茸もありましたが、時価にビビります・・・。

ごま豆腐って、小さいころ、超ニガテだったのですが、
味覚が成長したのでしょうか? ねっとりとした食感でおいしいです!

いつも通るたびに気になっていた、すぐ向いにある南峰堂本舗さんに立ち寄ってみました。
南峰堂本舗

「大門之餅」も気になりましたが、やはり「酒まんじゅう」。
南峰堂本舗の酒まんじゅう

亀の甲の焼き印でしょうか?
おまんじゅう自体は、薯蕷まんじゅうのように、皮がホロホロとはがれるタイプです。
あんこは甘さ控えめのこしあん。
お店の中で頬張っている方もいらっしゃいました。

復元中の中門がかなりできていました。
足場もはずされ、姿が見えています。写真・・・撮ればよかった・・・。

まずは壇上伽藍へ。金堂を内拝し、根本大塔を内拝しようと・・・、
どちらも拝観料を自分で木箱に入れるシステム。
小銭をきらしてしまって、根本大塔は、覗き込むだけに・・・。
高野山へ行くときは、小銭を用意する!という教訓を得ました。

次は金剛峯寺へ。
高野山には何度か来ているのですが、こちらは初めてです。
こちらは受付で拝観料を払っての内拝です。

「ここはお寺? お城みたい!」と思うくらい、広くて豪華!
石庭「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」は、国内最大級とか!
石庭「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」

一つのお部屋で茶菓のお接待があり、くつろいでいるとプチ講話が始まりました。

「お山の神聖な空気をおなかまでたっぷり吸いこんで、ゆっくり吐いて~」との言葉に従って
深呼吸すると、体の中まできれいになったような気がします。

曇り空から大粒の雨が落ちてきました。
今年はこんな雨が多いですね。
しばらく山門で雨宿りして、小雨になったころ、駐車場まで走りました。

次は奥ノ院。
お墓がならんでいるのですが、怖いよりもおもしろい!
ロケットやらヤクルトやら福助やら・・・お墓ってなんでもアリ?

お墓を撮影するのは、はばかられ、御廟橋から先は撮影禁止なので、写真はなし・・・。

御廟の奥へも、今回初めてでした。
たくさんの燈籠に灯りがともり、幻想的かつ厳粛な雰囲気です。
最近はお線香の香りも心静まるいい香りに感じるようになってきました。

奥ノ院への参道を出たところにある、かさ國さんで和菓子とお茶のセットをいただいたのですが、
撮った写真を間違って削除してしまったようで・・・残念・・・。

さて、龍神温泉にでもつかってと・・・思っていたのですが、ちょっとゆっくりしすぎました。
来た道を戻って、笠田駅前交差点からすぐにある、「八風の湯」に立ち寄りました。

露天風呂や炭酸の湯もあり、湯上り処も広くて快適です。

帰ってきてから南海電鉄のフリーペーパー「NATTS」9月号が高野山特集なのを見つけました。これから行く方は参考にしてみてください。

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 11:56Comments(0)報告

2013年10月14日

ジオパークに行こう

10/13(日) 和歌山県白浜町の「熊野人倶楽部(くまんどくらぶ)」主催

「地殻変動と海蝕作用の生き証人コース ウォーク」に、お邪魔しました ik_20 



Geopark(ジオパーク)

「地質公園」「大地の公園」

地球科学的に見て、重要な自然の遺産を含む、自然に親しむ為の公園



ik_18 白浜町の海岸線を歩きながら「ジオツーリズム」 


【梶取島】


手前の河口が茶色いのは、鉛分を含んでいる為

16世紀から17世紀にかけて鉛が採掘された「鉛山鉱山」は、まるでゴールドラッシュの様で、

当時「鉛山千軒」と言われるほど賑わったそうです。


【海蝕甌穴(おうけつ)】   中に入った石が波でクルクル回り、穴を広げました


梶取島の近くの沿岸に、沢山あります!


【八十磯】   洗濯板のような岩です


 

 

 

【生痕化石】



きれいな海と、不思議な自然の力・・・・
白浜町沿岸は、魅力たっぷりです ik_20

20名定員の予定が、なんと、倍の40人が参加 ik_20
ガイドさんの説明に目を輝かせ、大地の力に大感動しました!

ジオツーリズムは、これからの観光の目玉になりそうです icon14


約8.5 km・・・・約16,000歩のお宝発見ツアー
ユーチューブにアップしています・・・よろしかったらご覧下さい     スタッフ(の)

 ジオパークに行こう
  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 11:55Comments(0)報告

2013年09月17日

またまた勝浦へ!

台風18号が通り過ぎて行きました。和歌山県内では雨がたくさん降りました。竜巻と言える突風もあったとか。みなさま、被害はありませんか? スタッフ(や)です。

9/13(金)~14(土)、近づく台風にドキドキしながら、勝浦に行ってきました。9/13の午後に一つ用事をするための勝浦ゆきでした。

お昼は勝浦港近くの森本屋さん。ざるそばとまぐろ丼の「ミニセット」をいただきました。今回、初めて奥のお部屋でした。
ミニセット

用をすませて夕方、港の桟橋から、いっぺん乗りたかったこの船で、先にホテルに入ってお風呂を楽しんでいる家族と合流します。
浦島丸
団体客も次々と乗り込んできます。やっぱり連休ですね。

船がホテルに近づくころ、海面がオレンジ色に光るのでふと振り返ると、ちょうど夕日が沈んでいくところでした。
夕日

家族は、まだすいているお風呂をゆ~~っくりと楽しんだようでした。

夕食はバイキング。マグロのお刺身もてんこ盛りになっていますが、さらに目の前で解体ショーもしてくれます。
マグロ解体ショー
ひょ~よく切れるな~この包丁。

夕食後、一休みしてから、6つあるお風呂のうちの2つを回りました。ひとつは山の上にある景色のいいお風呂。長い長~いエスカレーターを3つと3分の1くらい乗り継いでようやく到着。町側の夜景でしたがちょっと寂しめだったかな。帰りは一気に降りられるエレベーターで降りてきました。
もう一つは海に面した洞窟の中にある玄武洞というお風呂。波の音と、波が岩の隙間にあたるときに出る音?そして洞窟の岩ゴツゴツ感がたまらん野趣あふれるお風呂でした。フナムシはちょっとイヤだったなぁ・・・。

翌朝は念願の忘帰洞へ。この日の女湯は洞窟出口に向かって右側。娘によると、左側の方が波音がもっと聞こえてよかったらしい。かなり海に飛び出したところまで行けて、これはこれで開放的でよろしいじゃないですか。洞窟って、上の岩が崩れてこないかとちょっとドキドキしますね。

お風呂三昧、家事なしののんびりステイを終えて勝浦を後にします。

R168沿いは、平成23年の台風12号の爪痕があちこちに残っていますが、行くたび、少しずつ復興しているのがわかります。

白見の滝は、大きな岩がゴロゴロ落ちてきていて、すっかり姿が変わっていましたが、大きな岩が片づけられ、元の姿を現しつつありました。

R168の対岸、三重県側の県道740号は、こちらから見てもガードレールが折れ曲がったり、土砂に埋もれたりして復旧するのは相当時間がかかりそうに見えましたが、それでも少しずつ道ができているようです。新しいガードレールは、景観に配慮したこげ茶色のものになっています。

道の駅瀞峡街道熊野川にも立ち寄りました。昨年復活したかあちゃんの店で、忠度もちとなべもちを買いました。まだ以前のように中で食事をすることはできませんが、がんばって元のように営業してほしいです。
平成23年の台風12号により熊野川で犠牲になった方のための慰霊碑も、立派な石の碑が建立されていました。トイレも新しく建てられています。

道の駅の対岸も、川の中ほどまで崩れ落ちた岩や土砂で埋もれていますが、復旧へと動き始めたようすです。
県道740
がんばれ! 青いユンボ!

今日は午後から南紀白浜空港で「空の日フェスタ2013」があります。空港周辺まで行くと、次々と自動車が集まってきています。旧空港敷地の広大な駐車場(=元滑走路なので広大なはずです!)に車をとめて、これ出るのに何時間かかるんやろと思いつつ、会場へ。

会場が見下ろせる坂道で、「おお~~!」。航空自衛隊の輸送機ってでかい!ほかにもいろいろな飛行機や空港で働く車両などが並んでいます。ふだんは入れないエプロン部分に人が散らばっていきます。
航空自衛隊の輸送機
海上保安庁の飛行機
飛行機もかっこいいけど、隊員のおにいさんたちもかっこいい!!!
輸送機は荷物室に入って中を見ることもできました。

そして目玉の曲技飛行! 
曲技飛行
う~~ん、全然迫力伝わらん写真ですみません・・・。
車のドリフト走行を見た時に「車ってまっすぐ走らないこともあるんや」と思いましたが、飛行機もまっすぐ飛ばないことがあるんですね! いや~すごかったです。
それにしても、上見てることが多いので、首が痛くて痛くて・・・。これはターミナルの展望デッキあたりで観るのがいいのかも・・・。

イベントすべてが終了するまでいたら駐車場を出るのがたいへん・・・と思ったので、このあたりで出てきました。すこし停滞することもありましたが、意外とスムーズに出ることができました。

この9/14には、那智勝浦町下里の高芝の獅子舞や、本宮大社の八咫の火祭りもあったようですね。
また、勝浦港では、9/15の勝浦八幡神社大祭のノボリや、御神輿ごと海に飛び込むスロープも準備されていました。

勝浦のお湯と、空の日のイベント、うまい具合に楽しめた2日間でした。和歌山っていいなぁ。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:21Comments(0)報告

2013年08月12日

今年も行ってきました!那智勝浦町花火大会!

今日も暑い一日でした。スタッフ(や)です。みなさま、お元気ですか?

さて、8/11、この日も暑い一日でしたが、那智勝浦町花火大会に行ってきました。
昨年初めて行ったときは、大雨の中、傘をさして立ち続けての見物でしたが、今年はいいお天気です。

昨年の記事は→こちら

お昼ご飯を軽く済ませて、13:30の出発です。お盆に近い日曜日で、今年も南ゆきの高速は朝から有田南~広川あたりが渋滞していました。午後には次第に回復し、海南ICから乗りましたがスムーズでした。

田辺バイパス沿線で飲み物を仕入れ、R311の古道歩きの里ちかつゆに立ち寄ってみかんソフトを食べ、かりんと饅頭を仕入れ、さてどこでお風呂に入る~?

R311からR168に入るあたりにある「わたらせ温泉」に16:00すぎごろ着きそうなので、そこにしました。前回来たのは、もう20年近く前のことです。今回いっしょに来た下の娘がそのときも来ているのですが、「覚えてない」とのことでした。

入浴券は自動販売機で買います。我が家はJAF会員なので¥700→¥500でした。ここは以前「西日本最大の露天風呂」がうたい文句だったけど、今はサイトでも書いてないから、どっかに抜かされちゃったのかな? とにかくおっきくて開放感たっぷりなところが好きです。でも20年近く経つと植木が育ったみたいで、前は向いの山がもっと見えたのになぁ~。開放感ちょっと減でした。

お食事処もあったのですが、ここでは食べず、ちょっと時間が押してきて、結局新宮市内の回転すし屋さんでてっとり早く済ませてしまったのでした。

会場の周辺事情は、マップを参照してください。那智勝浦新宮道路を下りて、お宿の看板が並ぶ三叉路を右へ、そのまままっすぐ進むと、もう那智湾沿いです。駐車場もたっぷり用意されていて誘導してくれます。昨年はP7でしたが、今回は目の前で満車になり、P4へ。19:00で日が暮れてうす暗くなってきていました。

昨年は雨が降っていたので、本部や夜店のある那智の浜のメイン部分には行かなかったのですが、今年は夜店のにぎわいも見てみたくて歩いて行ってみました。ビーチの端までは遠いように思いますが、歩いてみて苦になるほどではありません。

海水浴をしたら快適で楽しそうな砂浜へ降りるところが階段になっていて、みんなそこに腰かけています。私たちも本部に近いところに陣取りました。後半は駐車場からの脱出を早くするために駐車場に近い方に移動しましたが、花火の打ち上げ位置が湾の真ん中なので、この湾の周辺ならどこからでもほぼ同じ距離感で見えることがわかりました。周辺の宿がとれれば、お部屋からでも十分だと思います。

花火はなかなかうまく撮れないので1枚だけ。
那智勝浦町花火大会
形もいろいろですが、色もいろいろあるんですね。それにキラキラするやつ、とっても明るいやつ・・・。
どれもすばらしかったのですが、フィナーレの特大スターマインは、次々と上がって花束みたいに横にも広がって、とってもきれいでした。どの花火も一区切り終わると、拍手が起こります。

終了後、すぐに駐車場から車をだし、那智勝浦新宮道路~R168~R311~高速で12:20ごろ帰宅。今年も素敵な思い出ができました。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:02Comments(0)報告

2013年08月12日

初・えびね温泉

毎日暑いですね。スタッフ(や)です。なんとか生きてます。ふぅぅ。

暑いときには温泉に入ってさっぱり! ってわけでもないのですが、8/2、ちょっと癒されたくて南に向かってみました。

まずはお昼ご飯、お気に入り上富田「川よし」さんのうなぎ!
最近、うなぎの値段が高くなってなかなか食べられない・・・のかと思うと、コンビニや〇丼チェーン店でも食べられるようで、よくわからない・・・。

川よしさんも値上げしてるんだろうなぁ~と思いながら、メニューを見てみると、なんと! お値段据え置きでした。
私たちは一番安い「うな丼」¥900を。
やはり去年いただいたときより、うなぎが小さくなっていますが、それは仕方ないですよね。表面のカリカリ感と中のふっくら感、炭火の香りはそのままでした。

上富田から県道36号、37号経由で日置川のえびね温泉へ。
かなり細い道かと思っていましたが、一部センターラインのない区間があるものの、ほとんど片側1車線あるりっぱな道路でした。

八草の滝
途中、一度見たかった八草の滝が見えるところがあり、車を止めてみましたが、このあたりあまり雨が降っていないのでしょうか? 水量が少なく、「あれかなぁ」とようやくわかるくらいでした。写真のちょうど真ん中あたりです。
この滝「はそのたき」って読むんですね。ずっと「やそのたき」だと思ってました・・・。

さて、えびね温泉です。
えびね温泉
ここの写真、難しいです。足元は右下がり、建物の屋根は左下がり、むこうに見える橋は右下がり。「ゆ」ののれんの上の屋根だけが水平かな? たぬきさんが首をかしげたくなるのもわかります・・・。

えびね温泉の中
「ゆ」ののれんをくぐると、左側にエビネランの鉢植えが並ぶ通路があり、右手の受付でお金を払って、さらに奥へ行くと男湯、女湯です。浴槽は一つで、露天ではありませんが、川側がガラス張で、外の景色がよく見えます。
お湯はpH9.9でツルツルです。しかも、浴槽も水栓から出るお湯もすべてかけ流しだそう! シャンプーなど完備されているので、手ぶらで行けます。
小さいけれど食事ができるところと、休憩所があり、湯上りそこでくつろぎました。気が付くと窓があいていて、エアコンは使っていません。川からの風が心地よく、あったまった体を程よく冷ましてくれます。
帰り、受付で売っていた「温泉水使用 えびね温泉せんべい」を買いました。

白良浜
帰り道、白浜はえらい人だろうなぁ~とちょっと寄り道。夏休みまっただ中ですね。白良浜は海水浴客でにぎわっていました。車中からでブレブレですみません・・・。浜周辺の駐車場には「¥2000」との料金が出ててびっくり!!! トップシーズンですね!
フィッシャーマンズワーフ
牟婁の湯近くにできたフィシャーマンズワーフも車中からちら見。また落ち着いたころに来ます・・・。

このあとは、いつものように海鮮せんべい南紀でおせんべいの試食をしまくって、とれとれ市場でうつぼのおつまみと白いさんま寿司を買って帰りました。

かなり充電できました。まだまだ暑い夏、乗り越えましょう!



  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 10:48Comments(0)報告

2013年01月29日

本州最南端の火祭り、潮岬望楼の芝焼きに行ってきました。

この冬の寒さはほんとに厳しいですね。スタッフ(や)です。

1/26、強風で寒さがいっそう堪える中、潮岬の望楼の芝焼きを見に行ってきました。
こんな強風で芝焼いて大丈夫なんだろうか?と心配しつつ出かける用意をしていると、9:48、串本町観光協会が「今日は本州最南端の火祭りを行います!」とtweet。宿もとっていたので、今日やってもらわなきゃ困るんですが、「ほんま?」とまだ半信半疑。

ゆっくりめの出発だったので、途中田辺でお昼を食べ、串本では先にホテルにチェックイン。火祭りは18:30には終わるけれど、会場から串本町の市街地に戻る道は西と東の2本しかないので、渋滞したら夕食に遅れるかもとフロントに伝えて会場へ。

会場は潮岬タワー前の望楼の芝。今年は午後から地元の物産販売もやっているので、すでにたくさんの人でにぎわっています。

16:30からトビウオのつみれが入ったおみそ汁、「しょらさん鍋」の振る舞いがあり、早くもテント前に行列ができています。さっそく並びます。・・・が、ただ待っているのは寒い! 寒すぎる!
儀平さんが1杯100円でぜんざいを販売していたので、列に連れを残して買いに行きました。このぜんざいの売り上げは、全額「NPO法人エルトゥールルが世界を救う」に寄付するそうです。
紙コップにはいったぜんざいにはお餅が一つと、あっさりした甘さのあんが入っていました。
列に戻って食べかけると、あまりの寒さにしょらさん鍋の配布が早められることになりました。
しょらさん鍋
あ~あったまる~。

芝焼きのメインイベントの式典は17:20~。それまでタワーに上ってみることにしました。
タワーの上はさらに強風! 下を見ると、芋餅の販売待ちの行列が伸びています。
望楼の芝
真ん中へんの小高くなっているところが、ステージのようになっていて、式典のあいさつや、餅まき、火矢を放つのもここからです。

タワーの展望台には、カメラをスタンバイさせた人がいっぱい!
タワーの人たち

式典では主催者代表、来賓3人の4人があいさつ予定ですが、みんな寒い中待ってるのがわかってるので、それぞれ超短いあいさつで終わりました。お待ちかねの餅まきがこの次なんです。
子どもむけにお菓子の多い餅まきと、大人向けの餅ばかりの餅まきで、投げる方向を分けてスタート!
餅まき
既に暗くなりかけていて、飛んでくるお餅がよく見えません・・・。
私は、こわいのと写真を撮るのとで、後ろの方にいたので、収穫0でしたが、連れがしっかり2個GETしていました。中に「当たり」があって、儀平さんの「うすかわ饅頭」がもらえるらしいです。私たちのはハズレでした・・・。

さて、いよいよメインイベントです。まずは花火! 思っていたよりたくさんあげられました。
花火
花火の火の粉のせいでしょうか? 早くも芝生が燃え始めました。

串本古座高校弓道部の方たちが火矢を放ちます。
火矢
フラッシュが光っています。あのあたりから撮るといい写真なんでしょうね。

芝生の火は、海側へと風に押され気味に見えました。係の人が火のついたものを転がして火を広げていました。火はやがて、見物の人たちの前に張られたロープの近くまでやってきました。
芝焼き

18:10ごろ、渋滞になる前に・・・と会場を後にした私たちは、潮岬西入口交差点手前で始まりかけた渋滞にすこしだけつかまりながらも、スムーズに市街地に抜け、ホテルの夕食には余裕で間に合いました。

例年にない寒さと強風に震えましたが、いろいろな味あり、イベントありで、春を呼ぶ火の祭りは一見の価値がありました。

今日は火祭りだけ。翌日も続く「紀南満喫の旅」については、また書きます。お楽しみに。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:45Comments(0)報告

2012年08月27日

ひきがわのお湯はツルツルでした。

まだまだ暑いですね。でも紀南では、アカトンボを見かけました。秋はそこまで来てるかも?スタッフ(や)です。

8/25、家族でひょいっと白浜方面へ出かけました。8/10に生まれたパンダの赤ちゃんが8/23から公開とのことで、見てみたかったのですが、夏休み最後の週末、すごい人だろうと思って、パンダはパスしました。

和歌山市からの高速道路は意外とスムーズ。田辺バイパスの後半から田鶴交差点あたりは、よくある程度の渋滞でした。

白浜といえば、昔「鉛山(かなやま)せんべい」というお菓子があり、わりと好きでよく買っていたのですが、いつの間にかおみやげ屋さんで見かけなくなりました。でも、白浜への道路に面して、この看板をあげたビルがあるので、まだ作ってるのかなぁ・・・とずっと気になっています。
鉛山せんべいの看板のあるビル
大浦の交差点の近くです。どなたか、このおせんべいについてご存じの方、教えてください。

さて、真夏のにぎわいを見せる白良浜を横目に見ながら、ナギサビール直営のレストラン、バーリィでランチ。
バーリィ
以前来たときからは、改装されていて、雰囲気がぐっとよくなっています。

カントリーピザには、ドイツから中辺路町に移住されているシンドラーさんのベーコンが使われています。
生地は薄めのパリパリ。自然な味のトマトソースがおいしいです。
カントリーピザ

平草原から白浜のパノラマを楽しみ、
平草原からの眺望
今日の日帰り入浴、リバージュ・スパひきがわ渚の湯をめざします。
台風が日本のはるか南にいる影響か、志原海岸には、波が打ち寄せていました。

大きな窓のある浴室に、水風呂、源泉湯、薬草湯・・・。そしてもちろん露天風呂もあります。露天風呂では波の音が聞こえて、とってもいい感じ。お湯はツルツル。水素イオン濃度ph値10.1以上あり、関西屈指の泉質だそうです。いや~気持ちよかったです。湯上りは、1F・2Fにある休憩室でゴロリ。ちょっとウトウトしてしまいました。

館外に海の見える足湯もあり、こちらは無料で楽しめます。

〆めは、白浜のMARIBUカフェでパフェ。店内の水出しコーヒーがおいしそうでした。

今回も充実の日帰りの旅でした。和歌山ってほんとにいいなぁ。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 10:40Comments(0)報告

2012年07月27日

田辺祭に行ってきました

毎日暑いです。もういいです。早く秋になってほしいです。スタッフ(や)です。

各地で夏祭りや花火大会が開催されています。
7/24・25は田辺祭が開催されました。
田辺祭ってどんなお祭り?という方は、こちら>>>私の説明なんかよりはるかによくわかります。

私からは、初めての田辺祭報告を。

田辺祭は、7/24の朝から7/25の夜までいろんなみどころ満載でやってるお祭りなのですが、
今年は火曜と水曜の開催。私が一番見てみたいのは、
7/24 21:30ごろに旧会津橋上に笠鉾が8台、曳き揃えられるところ。

仕事を終えて、ちゃちゃっと夕食を済ませ、和歌山市の自宅を出発したのは18:40。
海南ICから高速に乗って、田辺市の扇ヶ浜駐車場に到着したのは20:10ごろ。
駐車場までの途中、JR田辺駅前~闘けい神社あたりは、たくさんの人がでていて、
縁日で買った綿あめやヨーヨーを持っている人もいました。

この駐車場、最初の1時間は無料で、あと1時間ごとに100円という、
市営にしては格安で、400台収容というすばらしい駐車場です。
なんでかというと、扇ヶ浜海水浴場のすぐ前なんですね。
夏休みだし、昼間はすごい人なんでしょう。
今日はお祭りだし、この駐車場が満車だったらどうしよう、
お祭りが終わってこの駐車場から出るのに何時間かかるんかなぁ、
と心配していたのですが、遠くから来る人は少ないのか、ガラガラでした。

さらに、曳き揃えを見るために旧会津橋の向かいにある新会津橋は人がいっぱい、
との情報を得ていたので、曳き揃えまで約1時間、場所取りしないと!と、橋に直行!

・・・が? 橋へ向かって歩いているのは私たちぐらいなもん。
橋の上にもまだ誰もいません・・・???
安心というか、拍子抜けして、どこから見るか、ウロウロ・・・。
二つの橋の間の土手が、観覧席のように階段になっていて、ちょうちんも飾られています。
暗がりに目をこらすと、何人かが座っています。
仮設トイレもあります。

旧会津橋の川上側左岸の土手に座る場所を決めて待ちます。
笠鉾が到着するまで、放送でお祭りの解説をしてくれています。
そうこうしているうちに、あちこちから見物客が集まってきました。

笠鉾来た!

21:20ごろ、なんだか騒がしくなって、1台目の笠鉾がやってきました。
お囃子の人たちや、子どもたちが乗っています。暑そう・・・。
次々とやってきて、8台の笠鉾が揃いました。
笠鉾曳き揃え

ここで20分、お囃子を楽しませてくれます。
旧会津橋の街灯が消されます。
見ていてとてもきれいなのですが、フツーのカメラにフツーの腕では、
実物そのものにさえ写ってくれません。

見物席はこんな感じ。
見物席

向かいの新会津橋の上もいつの間にか満員状態です。
新会津橋

曳き揃えが終わり、笠鉾はそれぞれの町に帰っていきます。
新会津橋をわたった東詰で、前輪を上げて後輪を軸に1回転するのを見せてくれています。
上に乗った子どもたちに「つかまっとけよ~」と声をかけていました。
1回転

祭りは翌日も続きます。
450年の伝統を守るのは本当にたいへんだと思います。
でも、そんなお祭りを持っていることを田辺の人たちはみんな誇りに思っているんだろうなぁ・・・と思いつつ、
田辺をあとにしました。
次回は、闘けい神社周辺や昼間のみどころもまわってみたいと思います。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:53Comments(0)報告

2012年05月14日

発心門で茶摘み&釜炒り茶づくり体験してきました!

昨日(5/13)、田辺市本宮は、発心門で開催された「茶摘み&釜炒り茶づくり」に行ってきました。
チェックしていたブログ「熊野女子会」で告知されたのを見て、スタッフ「ず」さんをムリヤリ誘い、スタッフ「や」は出かけたのでした。

スタッフ「ず」さんにJR湯浅駅で拾ってもらい、朝7:00ごろ出発~!
すんなり進んで(実は最後ちょっと迷った・・・)集合場所の発心門休憩所に9:00すぎ到着。
発心門休憩所は、熊野本宮大社からさらに168号を進み、道の駅奥熊野古道本宮の先で168号と別れ、伏拝王子の方へ。
お迎え人形にビビりつつ進んだ、車道から離れたところに休憩所はありました。

そこからすぐ近くの茶畑に案内していただき、さぁ茶摘みスタート!
茶畑
自宅用に作っているお茶なので、無農薬。「新緑」の言葉がふさわしい、瑞々しい新芽を摘んでいきます・・・なんて優雅な摘み方ではありませんでした。
「そんなことしよったら日暮れてしまうで~」と、むんずとつかんではバリバリと!
しかし茶摘み初体験の私たちは、ここを摘んだらええの?と確認しながら摘んでいるので、腰のカゴがなかなかいっぱいになりません。

他のみなさまのお力でようやく摘み終え、さて、釜炒りです。
釜炒り
大きな鉄釜が乗ったかまどに手際よく火をつけ、大きなしゃもじで炒っていきます。
これまたぐずぐずしてると焦げてしまいます。

かさが半分くらいになったら、ゴザにあげて手もみです。これならできそう。
手もみ
やさしく、強く・・・難しい・・・。

そして天日干し。
天日干し
手前の緑のが、今日摘んだもの、奥の黒っぽくなっているのが、昨日摘んだものです。
このあと、干しあがったのを再度炒って、飲ませてもらいました。

作業をしている間もず~~~っといい香りだったのですが、お茶もいい香り~。
休憩&ランチをしている間も干してもらっていたのですが、残りは持ち帰って家で干すことに。
お茶を積んだ帰りの車内は、それはそれはいい香りで癒されました。

パワースポット本宮のパワフルな方々と出会い、いっぱいパワーをもらった1日でした。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 22:46Comments(0)報告

2012年04月11日

春三昧

4月9日、ふるさとフォトグラファー教室参加者+講師の徳田さんの生徒さんたちで、和歌山電鐵貴志川線沿線の撮影会を兼ねた遠足に行きました。

集合は伊太祁曽神社。さっそく桜が出迎えてくれます。
伊太祁曽神社の桜

お昼の大池遊園での集合まで、ウォークする人、貴志川線に乗る人・・・思い思いに楽しみます。
私、スタッフ(や)は、伊太祁曽神社から大池遊園までの「竹の里・みかんの里ハイキングコース」組に参加しました。

約6kmのコースは、まさに春三昧。桜をはじめ、いろいろな花が出迎えてくれます。
まず出会ったのは、つくし。見たのは何年ぶりでしょう?
道ばたのつくし

このコースの名の通り、途中には竹林やみかん畑、モモ畑などくだもの畑だらけです。
竹林ではたけのこを掘っている人に出会いました。
たけのこ

いちじくの木、桃の花、梅の木・・・。
大きな山桜の木。
山桜

大谷峠まで登ると、あとは下りです。
いよいよ大池遊園が見えてきました。桜が満開です! 池のボートも見えます。
見えてきた大池遊園

写真を撮りながらゆっくり歩いて約2時間。大池遊園で食べるお弁当は最高でした!

そのあと、再び思い思いの場所で撮影したり、電車に乗ったり・・・。

貴志駅へも行ってきました。駅舎は外観もネコの顔のようですが、中もネコのたま駅長だらけ! たまカフェではかわいいたまのイラストのついたカップに入ったアイスをいただきました。
貴志駅駅舎

春満喫のこのコース、お勧めです。ぜひ歩いてみてください。
貴志川線一日乗車券を使えば、乗り放題。たま電車、いちご電車、おもちゃ電車などお目当ての電車に何度でも乗れます。  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:24Comments(0)報告

2012年03月25日

紀伊万葉ウォーク

第6回 紀伊万葉ウォーク

「万葉集」に歌われている「紀州古道」を
1300年前の万葉人になったつもりで・・・・ ik_55



急な上り坂の連続・・・・
万葉人になるのも大変です ik_85



春霞か黄砂か?
湯浅の海が霞んでました・・・



万葉集に歌われている「木」と「歌」を愛でながら歩くツアー



写真と実物を見比べながら、歌を詠むと一段と思いが伝わってきます・・・





ウォークの様子をユーチューブにアップしています。      スタッフ(の)




  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:22Comments(0)報告

2012年02月11日

景観・まちづくりフォーラム in 田辺

2/11(土) 景観・まちづくりフォーラム in 田辺 が開催されました

              場所:田辺商工会議所
              主催:田辺商工会議所    共催:NPO法人市民の 力わかやま


「扇ヶ浜」を活用した、田辺市まちづくりの方向

【第一部】基調講演  「地域における水族館の位置づけ」 

          講師:森 拓也氏(すさみ海立エビとカニの水族館館長)


ユーモアたっぷりに、「水族館」の役割や魅力についてお話下さった 「南紀の海の語り部」 森拓也館長

 扇ヶ浜に着いたとき、ワクワクさせる仕掛けを



【第二部】パネルディスカッション -扇ヶ浜を活用した田辺市のまちづくり- 

    コーディネーター:鈴木裕範氏(和歌山大学経済学部准教授)

    パネリスト      森 拓也氏(すさみ海立エビとカニの水族館館長)
                左海凱隆氏(田辺商工会議所観光振興委員会委員長)
               田上雅人氏(イルカふれあい事業実行委員長)
               北田健治氏(あがら☆たなべぇ調査隊副隊長) 





☆ 高速道路が南進して、田辺が通過点になる危機感
☆ 資源を結びつけ、生かしていく取り組みが必要
☆ 駐車場が完備している扇ヶ浜から、街中へ動線を作る 
☆ 夏場2ヶ月だけでなく、通年運用できる扇ケ浜へ
☆ 天神崎の横で、イルカを飼育を!

他、多々意見が出されましたが・・・

「エビとカニの水族館」を、田辺に誘致したい!!

との想いが、真摯に伝わってきました。


海の田辺・山の田辺・城下町の田辺に、ユニークな水族館が加われば魅力倍増!!

田辺市は財政難で難色を示していますが、町の活性化のため、新しい息吹が是非欲しです!!
                                        スタッフ(の)  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 22:24Comments(0)報告

2011年12月04日

お宝発見ウォーク in 天野

12/3(土)
第5回のお宝発見ウォークは、かつらぎ町天野



到着したときは良いお天気だったのに・・・
集合時間頃には、雨が。。。



【丹生都比売神社】


【石造五輪卒塔婆群】


【町石道】


【二ツ鳥居】


【西行堂】


霧の中のウォーキングも、素敵でした (の)


動画「お宝発見ウォークin天野」


  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 01:28Comments(0)報告

2011年09月30日

新宮駅周辺にて

スタッフ(や)です。
もう先週のことになりますが、9/24、新宮市まで国道42号を使って行ってきました。

富田川では、橋脚の高い位置にひっかかった枯れ草や木を目にしました。
那智勝浦町では、自衛隊の車両をたくさん目撃しました。

今回の台風で被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
このときですでに3週間近く経過していましたが、真っ先に復旧される国道沿いでさえ、
その爪痕が残っているのですから、
那智川、熊野川の近くなどではほんとうにまだまだたいへんなんだろうと思います。

新宮駅の近くを通りました。
代行バス
今も紀伊勝浦-新宮間は線路が流出していて列車が走っていませんが、
このときも、代行バスが駅前に止まっていました。



新宮駅近くの踏切から新宮駅構内を見ました。
新宮駅構内
長い間列車が走っていないので、線路が真っ黄色にさびています。
くろしおやオーシャンアローがここに閉じ込められたままになっています。
保守車両もじっとしています。
なんだか悲しくなりました。

あす10/1からは、通行できる道路が増えるようです。
アクセスの難しいところもありますが、元気を取り戻した観光地もたくさんあります。
和歌山県は良くも悪くも、自然の力、パワーが大きいところなのでしょう。
そのパワーでますます元気になってもらいたいです。  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 23:38Comments(0)報告

2011年08月12日

紀南ピースフェスタ2011

8/5~8/7 田辺市で開催された「紀南ピースフェスタ2011」

~ つながる いのちのために ~












20を越える団体が、紀南文化会館展示ホールをフル活用・・・
様々なイベントを開催しました!



ユーチューブにアップしていますので、ご覧下さい ik_20 (の)

「紀南ピースフェスタ 2011」 動画ヴァージョン

「紀南ピースフェスタ 2011」 写真ヴァージョン


  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:03Comments(0)報告

2011年08月08日

湯浅まつりに行ってきました。

各地で夏祭りが連日開催されています。スタッフ(や)です。
8/7、和歌山市内でも「おどるんや」と題したよさこいのお祭りがにぎやかに開催されていたのですが、
私は初めての「湯浅まつり」に行ってきました。

駐車場情報も得ていたのですが、混雑を考えて電車で行きました。
まずは腹ごしらえ。湯浅のしらす丼をいただくべく、松由さんへ。

店内には、注文のすし桶がずらりと並んで超忙しそうでした。しらす丼セットを注文しました。
しらす丼セット
メニューに「夕食は少なくなります」とあり「しらすが?」「しらす丼全体が小盛り?」「定数が少ない?」と悩んだのですが、きっと「小盛りなのだろう」というところに落ち着きましたが、小ぶりの丼にいっぱい入っていました。

さて、蔵町通りでは「湯浅ぞめき」が始まります。
調べてみたら「ぞめき」とは「騒ぐこと、にぎわうこと」とあり、徳島の阿波おどりなんかも「ぞめき踊り」なんだそうです。
なんでまたわざわざ和歌山県人には発音しにくい「ぞ」なんだろうと思っていましたが、
湯浅だけのものじゃないようですね。
アナウンスのお姉さんは、きちんと「ぞ」を発音してらっしゃいました。

5つほどの「連」が練り歩いていきます。小規模ですが、沿道の家々からいすを持ち出して見物しているところなど、ほほえましいものがありました。

最後の連は、商工会青年部で、毎年工夫を凝らしての登場です。
湯浅ぞめき
今年は「バカ者戦隊2011」で、ショッカー(「仮面ライダー」に登場する悪役)みたいな覆面をしていました。
沿道の子どもに襲いかかっては泣かしていました。


さて、花火が上がる方へと移動です。港のなぎ公園周辺は、夜店がいっぱい。久しぶりにかき氷を買いました。
カップに氷を入れてもらったら、シロップかけ放題、缶みかん乗っけ放題!写真を撮るのを忘れたのが悔やまれます。

お待ちかねの花火は、やはり間近で見ると迫力ありますね。音がすごいです。
花火
ポフ ヒュー ドン パン シュルシュルシュル ヒュルヒュルヒュル パラッパラッパラッ ポフポフポフポフポフ・・・・・
文字で表すのは難しいですね。

フィナーレだけでなく、ところどころに「これでもか~!」みたいな連発もあり、思わず拍手~。

帰りの湯浅駅は、切符の販売機に列ができるほどでした。近隣の駅で下りる人もいましたが、海南、和歌山で下りる人が多かったですね。みんなわざわざ出かけたみたいです。

夏の思い出、一つできました。 

  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 22:30Comments(0)報告

2011年06月27日

海岸清掃に参加してきました。

もう梅雨明けたんちゃうん? と思えるような晴天が続いています。
ごぶさたしております、スタッフ(や)です。

6/26、加太海岸で開催された「リフレッシュ瀬戸内 海岸清掃活動」に参加してきました。
リフレッシュ瀬戸内海岸清掃活動
ゴミ袋、軍手、火ばさみを受け取り、海水浴場北側の海岸に向けて散らばっていきます。
人が進んだあとを拾って行っているせいか、大きなゴミは見当たりませんでしたが、

食品トレーのかけら
発砲スチロールのかけら
ペットボトルのキャップ
たばこのフィルター・・・

土に戻っていきそうにないものをいっぱい拾いました。

戻ってくる人の手には、燃料のタンクのような大物もありました。

暑い日だったので、海水浴場で泳いでいる人もいました。
これからシーズンインなので、ここを訪れる人も多くなるでしょう。
その人たちが気持ちよく、またその後の人も気持ちよく、海を楽しめるようにしたいですね。

参加されたみなさん、お疲れさまでした!  


Posted by 風景讃歌スタッフ at 22:39Comments(0)報告

2011年06月07日

お宝発見ウォーク

6/5(日)第一回 お宝発見ウォーク 古座川河口周辺 に参加しました ik_20



意外と、雨の中のウォークも楽しい icon03 


川から霧が立ち上る光景は、幻想的です


「センダン」の並木は、昔、船を繋いだ名残り・・・・・


5時間弱・・・約16,000歩
18もの魅力的なポイント巡りのツアー
翌日、筋肉痛にならなかったのは、
語り部さんの、丁寧な説明を受けながら歩いたおかげでしょうね! (の)


当日の様子をユーチューブでご覧下さい ik_20
お宝発見ウォーク 古座川河口周辺

  

Posted by 風景讃歌スタッフ at 00:56Comments(0)報告